Schlagwort-Archive: megaptera novaeangliae

海に住む魅惑の巨体

クジラは、寸胴な身体を持ちながらも、その大きさと優雅な動きで人々を魅了してきました。細かく観察するためには、初めは双眼鏡が必要でしょうが、鳥とは違い、クジラ観察は直接目で確認しながらできます。光学的にも、広い視野と安定したイメージが持てることので、乗り物酔いせずに姿を追おうとする時にアドバンテージとなります。ほぼすべての海で、世界に存在している90種類のクジラのうち一種類は発見することができるでしょう。ただし、多くを見つけるにはボートで行く必要があります。ヨーロッパでは、ビーチからどこにクジラがいるか目星をつけることができます。

ドイツにあるリゾート地、ジルト島には、多くの旅行者が世界最小のクジラに会いに来ます。そしてなぜ「フリッパー」が北海にいるのか驚きます。一目見てイルカだと思われるこの生き物は、ネズミイルカです。一番長いもので、鼻から尾びれまで2.5mほどあります。穏やかな性格なので、イルカのようにジャンプすることはほとんどありません。主に北海やバルチック海の沿岸部の浅瀬に生息しており、生存ために身体が小さいのです。

もっと