Schlagwort-Archive: Digiscoping

ステファン・グロワツ氏とマルクス・ドーフライトナー氏が挑む「黒い壁」

シークシュピッツェ山に続くホレンタル街道は、ホレンタレンジャーハットよりも400mも高い北向きの崖です。有名なアルプスの北壁と同じ部類とまではいきませんが、この「黒い壁」は5.11aグレードのクライマーたちにとって、非常に挑戦しがいのある崖で、ヴェターシュタイン山脈でのクライミング経験がある人にとっては、一番キツイ崖でしょう。ドイツのクライミング先駆者であるステファン・グロワツ氏と友人でガルミッシュ=パルテンキルヘン出身のマルクス・ドーフライター氏は、数年に渡り、この崖を登ぼる計画を立てていましたが、なかなか実現せずにいました。しかしついに、チャンスが到来したのです。壁面での彼らのドリームルートは、「落ちる水滴」という程、垂直でした!

アルプスの登山家たちは、それをダイアティッシマ、まっすぐな道と称します。簡素でかなり危険なところです。これは、道具に頼らずフリーで登っていくレッドポイントとして知られ、ケーブルとボルトのみで安全を確保していきます。二人のクライマーはライトやルートマップを使いながら、崖の構造を探るため、双眼鏡と写真を用いました。残念ながら、最初に予定していた登攀開始日は、天気のせいで延期になりました。しかし、2017年7月4日に、ついに登り始めることができたのです。美しい日の光、青い空、そしてグリップに溢れた乾いた崖は、初日を迎えるのに最高のコンディションでした。

もっと

ドイツの運河でのデジスコーピング

地面が、私を囲うように溢れかえっています。昨晩の冷たく激しい雷雨のせいですが、昨日の暑さを鎮めるまでには至らなかったようです。朝の5時ごろ、自然界の圧倒的な美しさが、ライン川の支流の中に姿を現しました。

蘭を発見し、眠りから覚めたばかりの自然を観察し、そしてツァイスConquest Gaviaという新しいスポッティングスコープで鳥たちの魔法ようなイメージを捕らえるため、この運河、森、そして牧草地を通っていきました。

もっと